中学受験と進学塾

中学受験のために、進学塾で対策を行うのは最も用いられている方法です。家庭教師で講師直々に指導を受けるのも、もちろん理解しやすい事です。ただ、進学塾の場合には対策の初めから最後までカリキュラムが組み立てられています。そのため、試験日までに範囲内の勉強が終わらないなど、時間に追われる事はなく、プロ講師によって計画的に授業が進められていきます。

また、教科書や参考書のみではなく、過去に行われた入試問題を分析された教材なども扱い、それに沿って授業を行っていきます。プロ講師に個別に指導してもらえる家庭教師も、分からない所を重点的に教えてもらえるため、子供の能力に合わせた勉強が行えます。一方、進学塾の場合には、大勢の子供達と同じ授業を受けているため、仲間意識が生まれたり、モチベーションが上がったりするなど、家庭教師とは違ったメリットもあります。

プロ講師による指導で試験対策を進められるだけでも十分、中学受験対策ともいえますが、進学塾では模擬試験だけではなく、塾内で行われる小テストなどがあるため、細かく自分のレベル、不得意な科目などを把握出来ます。また、家庭教師より授業料が低価格になっているのも、ご両親にとって安心出来るポイントです。