中学受験の講師の変更

中学受験を合格に導くためには、プロ講師の存在はとても必要だといえます。お子様の能力に見合った指導を行い、学力アップに貢献してくれる講師を、まずは見つけるところから始める必要があります。ただ、プロ講師をみつけて、順調に勉強が出来ていたとしても、それが長続きするとは限らないのです。それはお子様の問題を省き、講師に問題があるケースも稀ではないからです。

講師の中にはお子様との相性が悪く、学習意欲を落としてしまう事もあれば、講師の遅刻で貴重な勉強の時間が削られてしまうという場合があります。もちろん、プロ講師は勉強の指導をする事を本職としており、学生家庭教師とは異なり、指導を本職としています。ですが、それでも中には遅刻などが目立ったり、お子様との相性が悪かったりする事が目立つ事もありえる事です。

もし、お子様との相性が悪い講師であった場合には、途中で講師の交代を行うのが大切です。まずそのためにも家庭教師の場合、交代が可能なセンターにて講師の契約を行う事が必要です。また、直接講師に対して交代したいという事を良いづらい場面も中にはあります。そういう際には、センター本部に、講師の交代を希望する旨を伝えると、気兼ねなく行えます。