中学受験と個人塾

中学受験のために通われる進学塾の中には、複数の教室があるのではなく、個別に授業が受けられる個人塾があります。大きな特徴としては、複数のプロ講師が各科目の指導をしてくれるのではなく、一人の講師が全教科を指導してくれる事に加えて、生徒数が少ないために、面倒見を良くみてくれるというのが大きなメリットと言えます。大勢の生徒がいるなかの勉強の場合、勉強について行けなくなる不安もありますが、個人塾であればそういった心配もありません。

個人塾は、中学受験において得意とする学校が大方決まっているため、契約を交わす前に、志望校と一致しているのかどうか確認する必要があります。進学塾のように、それぞれの志望校に応じた対策などを行ってくれるとは限りませんので、この確認は中学受験をする事に対して非常に重要であると言えます。

個人塾は主に複数の講師がいるのではなく、塾長が指導を行っている事がほとんどです。ですが、一人一人としっかりと指導にて接してくれるため、お子様の得意不得意を理解し、それぞれの能力に合わせた分かりやすい指導を行ってくれるという事もあるため、不得意な科目を改善していきやすいです。ただ、塾長の授業方針に合わないという場合には、進学塾の方が、勉強がしやすい環境になりやすいため、事前に体験をしたり、見学させてもらったりするのが良いでしょう。