中学受験の勉強の開始

中学受験を志している家庭の中には、受験の為に実際に勉強を始めるのはいつ頃からが適切なのかと考えられる事もあるはずです。まず、基本的に中学受験の対策を行う事においては、家庭教師を雇ったり、進学塾に通ったりされるのが一般的です。それは、中学受験の試験問題には小学校の問題以外から出題される事がほとんどになっているからです。プロ講師の指導を受けることで、中学受験に勝ちやすくなっていきます。

そこで、いつから進学塾に入学するのかという事については、新4年生の時から入学し、勉強を始めるのが望ましいと言えます。主に進学塾は4年生からの3年間でカリキュラムが組み込まれていて、5年生後半までは下準備、それからは受験日まで試験に必要な内容をひたすら繰り返したり、不得意な科目を対策したりといった勉強を行っていきます。

低学年から勉強しておけば、さらに試験の対策になるのではと考えられる事もあります。しかし、あまりにも早くから勉強を始めると、お子様がその負担についてこられず、息切れを起こしかねません。なので、低学年の時期の勉強についてはプロ講師にお任せするのではなく、ご家庭で基礎知識を学ばせてあげるのが良いでしょう。