中学受験とご両親

中学受験に合格するためには、もちろんプロの講師の協力は必要不可欠です。しかし、講師ばかりに頼っていては、いつか勉強が続かなくなってしまったり、学力が思う様に上がらなくなってしまったりする事があります。安定してお子様が勉強をしていくためには、お子様の努力も大切ですし、講師の的確な指導も必要ですが、お子様のご両親の協力も非常に大切な事なのです。

ご両親のやり方次第でお子様は勉強を嫌いになってしまう事もあるため、気をつけておきたいポイントを抑えておきたいものです。まず、勉強の意欲を下げる様な発言をしない事が大切です。勉強を強要したり、何かあれば叱ったりするようなやり方をしていては、勉強が嫌いになってしまいます。言いつけるのではなくご両親は聞き手に回り、さらには褒めて伸ばすのを意識されるのが良いでしょう。

家庭内の事に関しては、プロの講師であっても手を出す事は出来ません。子供の体調管理や勉強の習慣をつけさせる事については、全てご両親の力が必要となってくるものです。個別指導や家庭教師の講師であれば話しやすいものではありますが、大勢の生徒がいる進学塾で通わせる場合には、少しでも力になれるように協力されてみてはいかがでしょう。