中学受験と苦手の克服

中学受験を受けるためには、小学生の問題は幅広く正解出来る程の学力が必要です。試験には小学校で習うもの以外の範囲からも出題されます。ただ、お子様の中にはどうしても教科の中に苦手科目があるという事が多いです。特に得意不得意が顕著に現れるのが算数で、得意な子と不得意な子の差ははっきりと現れてきます。苦手を克服するためには、プロの講師に指導をしてもらうのが効果的なのです。

進学塾となると多くの生徒を一度に相手にするため、個別の指導がなかなか出来ない特徴があります。しかし、個人塾や家庭教師でプロの講師に教えてもらうと、学力がアップする可能性が高まります。それはやはり苦手の科目を克服しやすい環境にあるからといえます。そして、進学塾のように受験のための対策を最後まで行って行く様なカリキュラムは、希望する中学生への合格率を高める事に繋がりやすくなります。

中学受験は全体の6割から7割くらいの点数を取る事で合格される事が多い様です。そのため、得意とする科目や問題のみ全て正解すれば、大半の点数を確保出来るかもしれません。ですが、必ず正解出来ると限った事ではないため、やはりプロの講師による苦手強化の改善はしてもらう事が必要でしょう。