中学受験と塾選び

中学受験を受ける事を視野に入れているのであれば、合わせてどの塾に通うのかという事を明確にさせておかなければなりません。中学の受験は小学校で習う事より、中学校で習う問題が出題される事が多く、塾で幅広く範囲を学んでおかなければなりません。ですが、プロの講師がいる塾と一口にいっても、その種類は様々です。受験を受けるためにも、事前にそれぞれの特徴を把握しておく必要があります。

主に、勉強を中心として受験の対策のみに集中するという事であれば、進学塾や総合塾にある進学コースに進むのが良いでしょう。そこでは、志望校への対策が行われたり、徹底的に受験戦争に勝てる様な対策が行われたりと、勉強を中心に行います。ですが、お子様の中には勉強だけに時間を取りたく無いと思う方もいる事でしょう。

習い事などと両立して勉強していきたいという場合には、塾でも時間が取りやすいコースに進んだり、受験する年に進学コースに入ったりするといった選択肢があります。ただ、進学塾は、基本的に小学4年生から入学出来るといったところが多いです。それは、受験までのカリキュラムが組み込まれているからです。受験戦争にどうしても勝ちたいという場合には、やはり進学塾に4年生から通うのが最も一般的なコースと言えるでしょう。