中学受験と家庭教師

中学受験の対策を行っていく事において、進学塾へ4年生から入学するのは一般的です。プロの講師による分かりやすい解説や指導によって、大幅な学力アップが期待出来ます。ただ、進学塾はカリキュラムが小学4年生から受験までのカリキュラムで計画されているため、授業は次々と進んで行きます。なかなか解けない苦手な科目や、体調不良で休んで見逃してしまった授業があったとしても、多くの場合は段階を踏んで進んでいく事が多いです。

特に分からない所をそのままにしておくのは、中学受験において非常に不利益として働いてしまいます。そういった事が無い様に対策される事としては、進学塾とは別に、プロの講師を家庭教師として雇う事です。大まかな受験対策は塾に任せ、お子様の苦手な所などについては家庭教師がついて解決して上げるという形で、学力アップを図られる事があります。

ただ、家庭教師の講師にも性格や教え方の違いがどうしても生まれてきます。そのため、お子様との相性が悪いといった事も当然生まれる場合があるのです。そういった時の事も考え、家庭教師を雇う場合には万が一相性が悪かった時の事を考慮して、講師を途中で変更する事が可能なところと契約する様にしましょう。