全科目徹底的な勉強

中学受験を志す方の中には、算数が得意だから苦手な国語を算数で補う、といったように考えられる事もあります。学校の中にはそういった形で補えるケースもあるかもしれませんが、中学受験においてその考え方は少々リスクが伴うのでおすすめしません。というのも、中学受験という場では、ほとんどの生徒のレベルは大きく離れているものではありません。そのため、苦手分野を落としても、得意分野で大きく差を付ける事は難しいのです。

苦手分野を補うには、プロの講師に徹底した指導をしてもらうのが効果的です。中学受験を目指している方の多くは高学年から進学塾へ入り、必至になって勉強をしている事でしょう。しかし、進学塾では小さな分からない所まで、各生徒に細かく説明する余裕はほとんどないと考えていいです。

そのためにはやはり、家庭教師としてプロの講師を雇い、苦手の分野だけでも徹底的に指導してもらうのが良いと言えます。中学受験は偏りのある勉強ではなく、全体的に点数の取れる勉強をしていく事が大事になってきます。例えば算数の場合、分からない事を一つ放置してしまうと、次に進んだ所で前の計算を使うことが多く、さらに分からないなどと、連鎖が生まれてしまいます。分からない部分はしっかりとプロの講師に教えてもらう様にしましょう。